強迫性障害の改善

| トラックバック(0)

強迫性障害の改善をかける際に、とっても大切なポイントがいくつかあります。 そのひとつとも言えるのが「見極め」です。 つまり、相手が自分のおこなった強迫性障害の改善によって、術をかけられた状 態にあるかということ。 これを間違ってとらえれば、正しく本田式強迫性障害改善プログラムをかけることができません。 もちろんそれは、強迫性障害の改善をかけると言う事に失敗しているわけでもあ りますが、相手の安全を確認するということにおいても大切な部分 です。

では、プロの本田式は何を持って、見極めているのでしょうか。 本田式は、被験者が暗示を受け入れる準備ができているか どうかを、あるサインで見極めています。 被験者がそのサインの少なくとも一つを示していれば、強迫性障害の改善セッシ ョンが確実にスタートできるという合図になります。 以下に、ポイントをまとめてみました。 確認してみてください。 

目が赤くなる。 本田式強迫性障害改善プログラムにかかると、酔っぱらった時や化学物質に反応した時のよう な反応が体に出てきます。 目が赤くなるのは、目の筋肉がリラックスして血流が良くなった証 拠です。同じように焦点がぼんやりしているというのも確認に成ります。 レム(R.E.M.)。 トランス状態の人は、レム(急速眼球運動)という、眠りが深く夢 を見ている時と同じ症状が現れます。 まぶたがぴくぴくする、目を閉じた状態で眼球が左右に動く、これ らは被験者が潜在意識のコントロール下に入ったことを示します。 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、inforeが2018年12月 6日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アサイベリープラチナアイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31