暮らしを支えるお金の知識

| トラックバック(0)

家を建てるとき、どれくらいの費用がかかるかなど、分からないことが多くあります。今回は、家づくりためのお金の知識を紹介したいと思います。

家を建てるときの、建築総工事費は、平均で約2000万円と言われています。広さや間取り、設備の内容などで、差が出ます。本体工事費の他に、別途工事費や諸費用がかかります。広告に記載される価格は、本体工事費だけの場合が多いので、注意します。

どれくらいの価格を返済していくのかを考えましょう。一般的に、年間返済額は、年収の25%以内と言われています。子どもの進学や、結婚など、今後、予想される収入と支出を整理してみましょう。返済にまわせる金額を算出して、返済期間を設定します。返済期間は、安定して収入が得られる、定年前にすると良いです。

自己資金と住宅ローンで、家を建てる金額をまかないます。自己資金は、総費用の30%以上を、用意すると良いです。始めの自己資金が多いほど、今後の返済が楽になります。

住宅ローンは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫融資)によって融資される公的ローンと、銀行や信用金庫などが提供する民間ローンがあります。公的ローンのフラット35は、最長35年間、長期固定金利となり、比較的、金利の面で有利です。また、住宅繰上げ返済手数料や、保険料が無料になります。

銀行や信用金庫が提供する民間ローンは、変動金利制や固定金利選択制が中心です。事務手数料優遇や、疾病保険付きなど、特徴のあるものがそろっています。どのローンが、最適なのかを比較して、自分たちにあった住宅ローを選ぶと良いです。

金利は、市場の動向によって変わります。金利が上がっている時期は、申し込み後も、金利動向をチェックします。民間ローンの金利は、毎月の月始めに発表されることが多いです。

住宅ローンの返済に困らないために、無理のない資金計画を立ててください。家作りの際、今回紹介させていただいたお金の知識を参考にしていただければ幸いです。

横須賀の人気美容室chocolat

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2014年5月28日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お金の使い方〜資産運用の豆知識」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30